特集コラム

Column 3 中野カフェ日和

2010/03/19

ヨシノ洋品店

column3005.jpg

正確には覚えてないが、中学生の頃に、国語のテストでこんな文章を読んだ事がある。
「人間は、視覚より先に嗅覚でその場の状況を把握するのである。カンマ数秒の差ではあるが…○※△うんたらかんたら…」

難しい問題だったので内容は記憶に薄いけれど、そんな事を思い出した。
なぜかというと、カフェへ入った時に感じるのは、まずコーヒーの香りであり、その次に、お店の内装が目に入ってくるのは確かだからだ。

しかし、コーヒーの香りを感じさせてくれた後、目に入った風景がカフェで無いと分かったら、人はどんな反応を示すのだろう。
この記事の取材中に、私はお店に入ってくる人達の反応を面白がって眺めていた。

多くのお客さんは「えっ?」とか「あれ?」と言って、立ち止まるって振り返るのである。
なぜなら、カフェだと思って入ったその店が「洋品店」なのだから焦るのも無理はない。

そんな不思議なカフェの名は、サンモール内にある「ヨシノ洋品店」である。

サンモールの入り口近くの路地(2010年現在、ユニクロ向かいの1Fがラーメン屋のビル)に入り、エレベーターで4Fまで上がると、そのお店に出会うことができる。
ヨシノ洋品店(カフェ)は、特に大きな看板を出している訳でもない上、路地裏に入口がある為、中野に住んでいる人でも知っている人は少ないと思う。

しかしながら、本業の洋品店はなんと昭和9年から営んでおり、中野でも有名な老舗なのである。時代のニーズに合わせ「ファッションと空間」をコンセプトに、2年前から洋品店にカフェを取り入れてオープンさせたとの事。
お店で販売されている洋服は、本当に質が良いので多少は値が張っているが、それでこそ大人のお店。ゆったりとコーヒーを飲みながら品定めをされる人も多いとか。

初めて入るお客さんは驚くが、静かなでアダルトな空間とオーナーやスタッフ(奥様と息子さん)の紳士な接客態度に惹かれて常連になり、大切なお客様を接待する時などに利用してくれるようだ。
気になるコーヒーの味だが、飲みやすいブレンドコーヒーが人気で、オーダー後に豆を挽いて仕上げる、本格コーヒーなのである。

「ゆったりと、大人のファッションとコーヒーを味わってもらいたいです。」
とオーナーであり社長である吉野基さんは語ってくれた。

ヨシノ洋品店
住所:中野区中野5-61-7
電話:03-3387-1378

文・取材 / 矢嶌船峰
ノーブルウェブ

特集コラム

中野セントラルパーク 中野四季の森公園

2015/03/18

中野セントラルパーク 中野四季の森公園

自然と商業施設の一体化した憩いの広場 中野駅北口から高円寺方面へ5分程歩くと、徐々に駅前密集地…

続きを読んでみる

ギャラリーカフェ C.Q(シーキュー)

2012/07/10

ギャラリーカフェ C.Q(シーキュー)

酒は酒でも、甘酒を飲みすぎたからといってベロベロに酔っ払った人を見たことが無い。酒に&ldquo…

続きを読んでみる

YADOYA GUEST HOUSE(やどやゲストハウス)

2011/08/05

YADOYA GUEST HOUSE(やどやゲストハウス)

外国人旅行客が利用する宿泊施設 あまり知られてはいないが、ここ中野の「とある場所」では、毎週火曜…

続きを読んでみる

ライター募集